こんにちは!そしてお久しぶりです、凛です。前回の私の初投稿から久しぶりの投稿となってしまいました💦また以前のようにブログを定期的に更新していこうと思っていますのでどうぞ宜しくお願いします!


四月の終わり、日帰りで気仙沼の方に久しぶりの古文書調査を行ってきました。日帰り、しかも場所が気仙沼ということで、行く前まではハードスケジュールを予想していましたが、その予想は的中!(笑)

まず私たち一行は東北大学災害科学国際研究所に集合後、車で気仙沼に向かいました。到着後、所蔵者の方から家の歴史についてお話をうかがい、いざ古文書一式が保管されている蔵の方へ。蔵は明治期よりも更に前に建てられたものとのことで、いかにもの雰囲気を醸し出す蔵の雰囲気に圧倒されました。また東日本大震災や先日の東北地方を襲った地震など、現在まで起こった幾度の地震にも耐えた、その蔵の構造にも驚かされました。(そのお写真がしたのもの)

IMG_2759

さて、一行は蔵のご案内を聞きながら、蔵の中を一通り見た後、蔵の中から古文書を取り出してくる班と、母屋の中でそれらの整理、及び写真撮影する班の二手に分かれて、いざ調査開始!私は古文書運搬の班になりました。この運搬作業、言葉だけだと余り想像つかないかもしれませんが、実はなかなかの力仕事です。というのも、単に古文書を引っ張り出すだけでなく、その古文書が収納されていた棚や引き出しといった家具そのものを運び出す作業があるからです。私は今回が2回目の運搬作業で、まだまだ不慣れな所が多く手際も良くなかったですが、以前よりはまだ働けたと思いたいです。(下がその作業風景と仕分けた古文書の様子)

279209169_4998889416904451_2855381147840747921_n (1)
279120869_4998890126904380_6313311053869972666_n (1)
IMG_2772

仕分けたこれらの古文書類は、ひとつずつ写真撮影していくことになります。各々黙々と自分の担当仕事をこなして行き、ひとまず調査終了!今回の調査は5時間程度でしたが、5時間とは思えない大変濃密な調査でした。少しずつ古文書自体を読めるようになってきたこともあり、続きの古文書を撮影していくのが非常に楽しみになりました。次は久しぶりの(私はまだ二回目ですが笑)泊まりがけの調査を行いたいですね!


追記

冒頭でも軽く触れましたが、新年度になって古文書教室に新たなメンバーが2人加わりました!4年生の方々が卒業されて少し寂しかったですが、今後は新加入の2人を含めた新メンバーで古文書教室をやっていけたらと思います。今後ともよろしくお願いします!(この記事も本来は五月半ばに投稿の予定でしたが、大幅に遅れてしまいました💦申し訳ありません)